希少品種のりんごは強烈な味!

強烈な味のりんご「栄黄雅」(えいこうが)という「りんご」いただきました。
秋のおいしい果物 第3弾!
ちょっとめずらしいりんごです。

先日、仕事で青森県弘前市に行ったときに、片山りんご園というところにお邪魔しました。
そのときの、お礼にとりんごを4種類も送っていただきました。

その中に、「栄黄雅」(エイコウガ)という品種のりんごがありました。
食べてみると、一口目「超!酸っぱい!」体が震えるほど酸っぱい!。でも、かんでいるうちになんともいえない甘さが沸いてきます。
二口目「酸っぱさ」が半減され、甘さが多くなってきます。
三口目、さらに「酸っぱさ」が半減され、甘さのほうが多くなってきます。
四口目、五口目、六口目 味の濃さに疲れてきました。ようやく、1/2個食べたところです。

というように、強烈なあじのりんごでした。
この、栄黄雅 という品種のりんごはまだ少なくて、ほとんど、お店で見ることはありません。
通信販売でのみ出ているとのこと。
品種のことを片山りんご園のホームページで調べてみました。
(以下、抜粋です。)

■弘果つがりあんアップル!りんご新6品種!
近年、各産地で産地間競争、国際競争の中生き残ろうと、国内外を問わず、りんごの新しい有望品種の育成が盛んに行なわれています。
中でも、国外では他国・他産地では勝手に栽培できないような徹底した品種保護をとっているものもあります。
青森県でも、「ふじ」に偏重する品種構成ではリスクも高くなることなどから、新品種の育成に力を入れており、民間の育成も奨励しています。こうした中、独自のオリジナル品種を育成し、産地間競争に打ち勝っていこうと、平成14年弘前市石川の工藤清一氏の協力を得、「紅夏」「黄明」「幸寿」「石川ゴールド」「大紅栄」「栄黄雅」という6品種の契約栽培を開始しました。
6品種は全て工藤氏が育成したもので、全て、品種登録が完了しており、当社との間で専用利用権が締結されています。これは育成者保護にもなり、また独自のオリジナル品種として、国内外の産地との競争に打ち勝っていく大きな武器にもなります。それぞれの品種は、栽培時期、食味、外観とも異なり、一連のシリーズ品種として、作付け拡大を目指していきます。栽培法としては、有機肥料を使用した栽培で、極力農薬の散布回数を減らすなど、より安全性を追及しています。

■弘果つがりあんアップルシリーズ】発送開始!
工藤清一氏の”栄黄雅”
甘酸濃厚!糖度16度以上!

爽やかな酸味と濃厚な甘味があるりんご!
母親(千秋)×父親(王林)
高糖度・高酸度で、糖度は16度以上を超えるものが多い特殊な品種です。
甘さと爽やかな酸味で、りんごではサンむつやシナノゴールドのように味が濃厚で美味しいりんごです!
食べた後は、さっぱり感があるので、食後のデザートにも最適です!
またアップルパイなどの加工用にも適し、紅玉よりも良いとの評価を得ています。
ジュースには最適で、濃厚な深い味わいをお楽しみ頂けます!
生食用・加工用、どちらにもオススメの品種です。
歯ごたえも良く、パリパリっと、皮も薄いので、皮ごと丸かじりにも適した品種です!


ちょっと味の表現が控えめです。
「爽やかな酸味」→「超!酸っぱい」とは、なかなか書けないんでしょうね。

でも、また、食べたくなる味でした。セットで入っていた、「安祈世(あきよ)」という品種のりんごは柔らかい味で、栄黄雅を食べた後に、この「あきよ」をたべるとほっとしましたが、その後、また、「栄黄雅」が食べたくなりました。

ご馳走様でした。
タグ:栄黄雅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。