食欲&健康食品の日記 > これぞ日本の魚!


「ししゃも」って日本だけの魚だ!

【じっくりと味わう柳葉魚〜ししゃも】

一昨日、仕事で北海道の釧路市漁協にいってきた。
今回は、ジンギスカンをたっぷり食べてこようと思っていたが、考えてみれば、「釧路」はその昔、北洋漁業の船団が行き来する日本の大港。ジンギスカンではなく、やはり旨い魚を食べるべき。


と思い、仕事が終わって、漁協の担当者に、釧路で「今一番旨い魚が食べたいんだけど」って聞くと、旬は10月で、今は干したものの冷凍物だけど旨い魚を食わしてあげるよといわれ、あるお店に連れて行ってくれた。

入り口は、普通の居酒屋。場所は、釧路の全日空ホテルのすぐ裏手。
店に入ると、漁協の人が、「あれ出して」って注文する。

「あれって何ですか?」って聞く。「いいから、あててみてよ」とにんまり。

出てきたのは、薄くスライスしたルイベ状の刺身。ルイベとは、凍った刺身だと思えばいい。


なんだろうか?と思い、生姜醤油がいいといわれるままに、ちょっと生姜醤油をつけて食べる。


凍っているので、口の中で少し溶かすようにもてあそんでから、噛んでみる。意外と身肉がしっかりしている。さっと一夜干しにしてあるかのような感じ。

ん〜?川の魚かな?ん!ん!噛むごとにさっとした塩味の奥に旨さが。一瞬の味わいなので、ん!ん!といううちに終わってしまう。


何かわかりますか?と聞かれて、教えて〜とお願いする。
「大将!焼いたの持ってきて!」と注文。


出てきたのは、あっ!「ししゃも」だ!


「ししゃものルイベを出す店は、釧路でも数件しかないんですよ。生の冷凍は食感がぐちゃぐちゃの感じであまり旨くない。ここは、ししゃもの雄を開いてさっと塩水にくくらせて、半夜干ししたものを、1枚1枚ラップでくるんで、冷凍して、ルイベで食わせてくれるんだ。」

ん〜。なんともいえない、ほんの一瞬の旨さに不思議な感じ。

その後、漁協の人の「ししゃも」の資源復活の物語を聞く。
ちなみに、「ししゃも」は「柳葉魚」と書く。
「ししゃも」は、日本固有の魚で、一般的にスーパーなんかで売られているのは、ロシアやノルウェーなんかのカラフトシシャモか、キュウリウオだそうだ。
詳しくは、北海道釧路市漁協のHPに詳しく書かれているのでそちらを。→http://www.gyokyou.or.jp/03/index.html

ちなみに何故「柳葉魚」と書くか?
    ↓↓↓
-----柳葉魚物語---------
その昔、北海道がまだ蝦夷と呼ばれていた頃、狩猟採集で生活していたアイヌ民族が大飢餓にあった時、困った人々がトカプチェプカムトと言う神様に大漁祈願をしたところ、神様は河畔の柳の葉をつまんで川の中へ投げ入れた。

すると今まで静かだった川面が俄かに騒がしくなり、突然、その形も柳の葉に似た小魚が川一面にわき上がり、彼等を飢餓から救ったという。
以後、アイヌ民族はこの小魚をシシュハモと名付け、神様から賜った魚として大切にしてきた。
「シシュ」は柳の葉、「ハモ」は魚を意し、北海道のアイヌ民族の住む川のみ捕れる魚として古く伝えられている。
-------------------------------

ししゃもの雄の生の刺身は、10月のほんの短い期間食べられるということ。
今度、10月に来よう。
帰りに、釧路の市場で、50尾入りの「柳葉魚」を買ってきました。


ししゃもの物語を読みながら、さっと焼いて、塩で食べました。
酒は日本酒がやっぱり合います。
ご馳走様でした。
↓↓↓↓

市場で買ったのと同じもの。でも、楽天のほうが安かった。
観光客価格か・・・・・・。

<ししゃも食べながら見る映画ではありませんが・・・。>


タグ:ししゃも

まぐろ・・・ちと、期待はずれ・・・

今日は、お仕事で、神奈川県三浦市の三崎港まで行ってきました。

時間ができたので、「三崎」といえば「まぐろ」のとおり、おいしい「まぐろ」をたっぷりと・・・・。

まずは、港の中のお魚市場へ。

あっそうか!三崎は冷凍マグロが水揚げされる港なんだ!
てっきり、生の本まぐろをイメージしていましたが、生の本まぐろは、青森の大間やそこで水揚げされたものが、東京の築地市場に直送されて、三崎まで来るわけがないんだよんね。

でも、冷凍でもうまそうなマグロがわんさか!インドに、キハダ、本、メバチ・・・・。
マグロの種類ってこんなにあるのか・・・。

さて、目の保養の次は、腹の保養。

店の人に、うまい店を聞いてみる。「あそこ」と指をさされた店、迷わず直行!
「美咲」という店。入り口、けっこう豪華。ほかの店とワンランク違う感じ。

一瞬、高そう・・・。と思いましたが、入り口のメニューをみて、そうでもないか?
と思いレッツゴー。でも、ほかの店の値段も見ずに、そうでもないか?と思ったのが間違いか?

中トロ丼 3200円、トロづくし3500円、お得なマグロづくし定食1800円、三色(マグロ、いくら、カニ)丼1500円、etc・・・・。

まずは、単品で中トロの刺身と中落ちのユッケを注文。まぐろほほ肉の肉団子汁も。
さすが、三崎!やはりうまい!
ほほ肉の肉団子汁は絶品。
そして、満を持して、トロづくし丼3500円を注文!!!

これが間違い・・・。

正直、中トロも少しぐらい入っているかな?間違って大トロも?丼だけど、飯は見えないくらいだろうな?3500円だから中途半端なものは出てこないだろうな?

きました、丼〜!

ん!赤身ばっか〜!でもこの赤身の下に中トロが・・・ 隠れてな〜い!
色の変わったどす黒赤身ばっか。しかも、ものすごいボリューム!

ちょっと、げっそりした、三崎のマグロ。

次は、何人かの人にゆっくりと聞いてからお店選ぼう。でした。

おいしいマグロでも食べながら見てください。おもしろ企業CM


昔ながらの新巻鮭

最近、おいしい「鮭」が、スーパーにいってもないなと思ってました。

先月、北海道の札幌の佐藤水産という会社に行ったとき、「山漬け」という昔ながらの「新巻鮭」があるという話を聞いて、送ってもらえるように頼んできたのが、今日届きました。

昔の、新巻鮭の箱に入った懐かしい姿です。

今、スーパーで売っている鮭は、ほとんどが輸入の銀鮭、紅鮭、トラウトなど、脂が多い。決してまずくはないけれども、正直、毎日食べたいとは思わない。
脂が多すぎるせいか??

昔を考えてみると、ほとんど毎日のように、冬は、食卓に鮭があった。そして、毎日おいしいと思っていた。
その鮭はもうないのか?と思っていたらあった。それが「山漬け」という新巻鮭だった。

さて、失敗した。1尾ではなく、半身にすれば良かった。冷凍庫に入らない。
そうか!切り身にして、1枚づつラップにくるめば入るかも・・・・。

苦闘、1時間。切り身22枚。

さて、山漬けとは、どんな製法か?
北海道で獲れる鮭は、白鮭。もともと、そんなに脂のある鮭ではない。
そして、保存性を良くするため、塩につける。つけるというよりも、塩を皮に、腹の中から身に摺りこむ。そして、軽く、寒風の中で干す。(一夜干し)そして、再度塩を摺りこんで、山のように積み上げるように保管する。(山漬け)
いわゆる、新巻鮭の原型だ。

早速、焼いてみる。
焼けてくると、身から塩が浮いてくる。すごく、塩辛そうだ。

食べる。
ん!塩辛くない。というより、塩のうまみと、鮭の身のうまみが合わさったなんともいえないうまさだ。
そうだ、この味だ。
お茶漬けでもいけそうだ。

今年の秋・冬はこの「鮭の山漬け」でおいしいご飯が食べられそうだ。

ご馳走様でした。

おいしい鮭でも食べながらどうぞ。おもしろ企業CM


タグ:新巻鮭
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。