食欲&健康食品の日記 > うまし!麺

􀞣うまし!麺􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩の記事一覧


年越し「うどん」は「亀城庵のさぬきうどん」に決まり!

<久しぶりに、うん!と、うなづける「うどん」をいただきました>

もう今年も、残すところ、あと半月で終わりです。
毎年、いろんな方から、お歳暮のお品をいただきます。

そして、もうひとつ。
私は、「蕎麦」派ではなく、「うどん」派なので、毎年この時期は、おいしい「年越しうどん」を探す時期でもあります。

今年は、本場、香川のさぬきうどんにしようと決めていました。

10月に、香川県の坂出市に「三金時(金時芋、金時人参、金時みかん)」の取材に行ったとき、1泊2日でしたが、5食うどんでした。
しかも、地元の人しか知らない、麺工場がメインで、食べさせてくれるのはつけたし、といううどん工場(屋)でした。

いずれも、釜揚げうどんの「ぶっかけ」スタイルで食べました。
何故か?
ぶっかけ用の地元の醤油と麺の相性が、讃岐うどんの
おいしい!まずい!を左右すると思っているからです。(私だけかも知れないですが・・・)

さて、この坂出のうどん三昧から帰ってきて、その時、現地でうどん屋を案内いただいた方から、前回ご案内出来なかったところで、多分、「坂出一番と思います」と送っていただいたうどんがあります。

名前は「「亀城庵」という「「さぬきうどん」です。

やはり、製造をしている人が、明確に打ち出せる「こだわり」は、そのまま「うどん」の「あじ」に結びついています。

「亀城庵のうどん」には、製造のこだわり「九か条」というものがあり、なるほどここまでこだわれば、美味しくないほうが不思議なくらいというこだわりです。
*亀城庵のうどんの こだわり製造九か条 詳細は⇒http://www.kijoan.com/9rules.html

さて、この亀城庵のうどんですが、
・「硬いと感じさせないけど、しっかりとしたコシ」
・「噛むほどに感じる小麦の甘さ」
・添加物を一切使用しない、つゆのやさしい旨み

私は、この3つが香川の讃岐うどんの中では一番だと感じました。
「この食感、麺の味とコシ、出し醤油のやわらかさの中のパンチ!」

今年の、年越しうどんは「「亀城庵」のさぬきうどんに決まりです。

さぬきうどんの亀城庵



こちらのサイトも参考に・・・
大人にきび、成人にきび、白にきび解消法



こちらのサイトも参考に↓
手湿疹・口唇ヘルペス・顔たるみ・黒あざ・黒毛穴 写真で確認!症状と治療法
手の湿疹を治したい!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。